人間は自由の刑に処されている。

ジャン=ポール・サルトル  引用:「実在主義とは何か」

誰に何を言われようと、私たちはどんな風にでも人生や運命を切り開いて行くことができます。どんな生き方をしようが自由なんです。では自由とは何か、少しタイムスリップしてみたいと思います。

江戸時代は身分制度があり、自由の範囲は相当少なかったみたいです。明治時代になり、少しは自由が増したとは言っても、家格や男女差別、貧富の差、国の思想の統制など不自由な側面も多かったみたいですね。第二次世界大戦終了後は、日本復興のために質の高い労働者養成政策が取られ年功序列・学歴社会・終身雇用・一戸建て・結婚などのモラルが提示され目指す場所が明白になったとも言えます。

そう考えると現代は「何をやってもいいし、何を選んでもいいよ。ただ自己責任でね」という自由の刑が最も厳しい時代とも言えます。

前置きが少し長くなりましたが私おnew、福岡に戻ってきました。何をしていたかというと、編集をコソコソ学んでいます。現状は、ないおさんがブログに書いてくれましたのでご覧ください。

東京でもカメラや編集を学ばせてもらいましたが、さらに編集技術を磨くために福岡で武者修行をさせてもらっています。最近はより本格的に、真ムケ道 season6の編集に携わっています。ぜひご覧ください。

約3ヶ月振りに九州に帰って来たわけですが、とにかくこの一言に尽きます。

飯がマジで美味い。

ずっと九州で育ってきたのもあるかと思いますが、九州のご飯の美味しさに勝てる土地はないと思っています。せっかく帰ってきたので美味しいご飯を食べ尽くそう。ということで少し車を走らせ向かった先は、熊本県にあるモダン焼きのお店。今回は童貞ラブストーリーからは少し離れて、久々の九州を満喫した一日をお伝えしたいと思います。

 

熊本へとドライブ

ここでひとつ謝罪をしなければなりません。久々の九州のご飯ということで興奮してしまい、コラム用に写真を撮ることを忘れていました。コラムを書いている者として、写真などを使いながら魅力を伝えなければいけないのに。僕の全力の画力を使い、絵で魅力を伝えられたらなと思います。

外装は、田舎によくある昔ながらのご飯屋さんって感じ。中に入ると鉄板カウンターだけではなく、座敷もあり落ち着いた雰囲気になっていました。早速、メニューで気になった「特製モダン焼き」を注文。

モジャモジャは陰毛ではありません、焼きそばです。絵が下手でごめんなさい。中には焼きそば・豚肉・大量の千切りキャベの他、海老などの海鮮類も入っていました。口に入れた瞬間、生地のモチモチとした食感が口の中に伝わります。その後に甘辛いソースと海鮮の風味、そしてキャベツのシャキシャキとした歯応えまでが口の中に広がってきました。どうやら、生地はメリケン粉というものを使用しているみたいで、もっちりとしたクレープみたいになっているみたいです。”めちゃくちゃ”美味しいモダン焼きに箸が進みます。しかし、結構ボリュームもある為最後は根性で完食しました。確かに満腹にはなったのですが、何か物足りない…。

そうだ、デザートのソフトクリームを食べよう。先ほどボリューミーなモダン焼きを根性で完食したと書きましたが、デザートは別腹です。ソフトクリームなんてほぼ液体みたいな物なので、あまり飲み物と変わらない様な物です。

阿蘇方面へ車を走らせますが、その道の途中で…。

2016年4月16日に起きた、熊本地震の傷跡がいたる所に残っていました。もう5年以上の月日が経ちますが、相当な被害だったことが分かります。現在は開通していますが、「阿蘇の大動脈」とも言われている国道57号線は震災当時、阿蘇大橋の崩落や大規模な斜面崩壊により通行止め。復旧にも膨大な時間が必要と言われていたみたいです。それが4年半で復旧するというのも日本の技術に脱帽です。

そうして、道なりに進むと…。

見えました、ここです!ここのソフトクリームは味もそうですが、あのメジャーでも活躍されていたイチロー選手がいるらしい…。はて…。

イチロー選手そっくり! 写真をお願いしたところ、マスクをズラして快く受け入れて頂けました。ですが、どちらかというとマスクをしていた時の方がより似て見えたので、少しだけ口元を隠させて頂きました。

この辺りでも阿蘇特有の広大な大地で眺めがいいのですが、近くには阿蘇山があります。熊本県には旅行でよく行ったりしますが、阿蘇山には登ったことがないんですよね。なのでせっかくなので行ってみようと思います。

この景色…素晴らしい!風景を撮るつもりだったのですが、絵に描いたように綺麗な馬のアレがあったため、つい風景と一緒に撮影してしまいました。お食事中の方、すいません。

久々に帰ってきて思うのは、やはり九州はいいところ。大好きです。ここで生まれ育ったことを誇りに思い、これからもここで色々な経験を積んで行こうと思います。日帰りプチ旅行ではありましたが、凄く有意義な時間を過ごせたと思います。

ここ最近は自分がやってみたいと思うこともだいぶ増えてきました。今回の日帰り旅行でひとつ思い浮かんだことは、九州のローカルパチンコ店を自分の車で廻り、「九州パチンコマップとか作りたいな」など思ったり。

もちろん、パチンコ店だけではなくパチンコにまつわる様なパワースポットや美味しいご飯屋さん等いろんなスポットを記入して「おnew九州パチンコ地図」とかいつかやりたいなぁ。

そんなことを考えていると、日が暮れそうなので今日のコラムはこの辺りにさせて頂きたいと思います。それではご機嫌よう。

ライターについて

アニメ版権をメインに萌え台が大好物。 国家資格を保有するほどのエリートでもあるが、 今流行りの草食系でもある。 知れば知るほど意外性が見えてくるギャップ萌えタイプ。