皆さんお疲れ様です。うちいくTV新人営業マンのずっかです。

うちいくTVの朝は、zoomでの朝礼から始まります。その15分前、マイケル君朝から全力コーヒー淹れをやっていました。僕はその余韻が抜けずに、まじめな話が入っていきません。

「ずっかとりあえず、全力挨拶いっとこか」と無茶ぶりをするないおさん。

おおおおおおおはようございまあああああああああす!!!!!!!!!

かなりの全力で、周りの先輩方に引かれてしまいました。「ようこそ。うちいくへ」とナカキンさんに認められたところで、今日も1日がスタートしました。

 

困惑のカメラ研修

朝礼後はカメラの研修です。先輩のコヒさんからこれを渡されました。

うん、高そう。ボタンもいっぱいだし、レンズもでかい。


正直、何がなんだかわかりません。しかし、うちいくTVの営業兼カメラマンもやっていくためには覚えなければなりません。マイク、イヤホンの付け方、スイッチの入れ方などなど細かく教えてくれるコヒさん。負けじと手帳にメモをしていく僕。がむしゃらにメモを書いていると、先輩のりゅうじさんに

「ずっか、お前手書きなんか? ウチには手書きでメモとるやつなんていないぞ!」

「いやぁ、僕はこのやり方じゃないと覚えなくて……。」

「けなしているわけじゃない! ウチの若いのはメモとらんから、感心して!」

「前の会社で、昔ながらのやり方を叩き込まれまして……。」

「マジでこいつらメモとらんし、しかも終いには忘れるからなぁ。」

こいつらというのは、ご想像にお任せします。

 

時間は流れ、直近に控えた収録の話に。

「とりあえず、ずっかもカメラマンとしてステゴロ連れてくか!」とないおさん。困惑して何も言い出せません。

「そうっすね!店舗の方にも挨拶させましょう!」そして乗り気なコヒさん。

ようやく心の整理がついた僕は、翌日のマイケルシータのステゴロ収録に同行することとなりました。

 

そして初収録へ

9/4午前7時、収録の朝はとても早いです。機材の準備は、コヒさんがしてくれました。うちいくスタッフとしての初めての僕の仕事は、運転手でした。事務所から高速を使い直方市に移動。僕が住んでいる地域とは違って、高速に乗り始めたのに緑が見えません。車内ではステゴロのOPトークが繰り広げられており,自分なりに合いの手を入れさせていただきました。

そして収録させていただく、ホールに到着。

気合を入れるために記念撮影。この後は、営業としてホールの方々に挨拶回りをします。

そしてホールに入場し、カメラマン業務へ。

1日を終えて感じたことは、カメラマン業務の凄みです。カメラマンってただ立っているだけと思うかもしれませんが、7時間立ちっぱなしはかなり辛いことです。演者の動きに合わせて、アングルを変えないといけないので、カメラの傍にずっと立っていないといけません。僕も経験上立ち仕事はしていましたが、ずっと立ちっぱなのは初めてだったので、辛くてしょうがありませんでした。そんな時、ふと横のコヒさんを見るとニコニコしながら立っているではありませんか。

コヒさんが凄すぎます。ずっとニコニコしながら楽しそうにカメラマンをしています。しかも都度、合いの手を入れていく余裕っぷり。辛かった僕は、何度も休憩を行かせてもらいました。

「慣れよ、慣れ。」とめちゃ余裕な表情のコヒさん。

「慣れるにはしばらくかかりそうです。」そう応えた僕は、足が笑っていました……。

大事なことのなので、もう一度

とりあえず、コヒさんが凄い。

今回は初収録と先輩の凄さを語らせてもらいました。今日のスーパーかどたには、どんな半額のお惣菜があるのかな。ずっかでした。

ライターについて

【うちいくTV営業スタッフ】 U2Aオーディション落選から営業スタッフとして奇跡の復活。 パチンコもパチスロも嗜み、老け感には定評のある27歳。