人間は取引をする唯一の動物である。骨を交換する犬はいない

                             ーアダム・スミス

引用:「諸国民の富の性質と原因の研究」あるいは「国富論」

取り引きは欠かせられない生活手段のひとつ。むしろ、取り引き無しで生活出来る人は1人もいないのではないでしょうか。僕も学生時代は、頭のいい友達にテストに出る所を教えてもらい、代わりにご飯などを奢っていました。 

最近は緊急事態宣言に伴い、飲食店の休業やお酒類の提供自粛が当たり前な光景になっています。それに応じた飲食店には協力金が支給されますが、酒造会社への支給はないために経営に深刻になっていると地元の酒造関係で働いている友達も嘆いていました。

 

どうも。カルピスサワーを半分飲むとグロッキー、うちいくTVおnewです。8月も終わりに差し掛かりますが、まだまだ残暑が続きそうですね。この時期、仕事終わりのビールはさぞかし美味しいことでしょう。自分もお酒が飲めたら女性と楽しめたり出来る人生だったのでしょうか。

 

さて、今回はマッチングアプリの落とし穴について取り上げていきたいと思います。

 

写真詐欺問題

これは昔からの問題ではありますが、遂に僕にも起きてしまったのでご紹介したいと思います。

ある休日、普段は遅起きな自分ですがその日はたまたま早く目が覚めてしまいました。それもそのはず、前日仕事から帰ってきた僕は、ご飯も食べずそのまま就眠してしまいました。普段は深夜まで、Youtubeを見たり、ゲームで遊んだりしているのですが、余程疲れていたのでしょうか。8時過ぎには寝ていたと思います。朝早く起きても1日することがなかったため、マッチングアプリをインストール。今回使用するのは『Tinder』です。

 

『Tinder』のいい所は、男性でも基本無料で使えるところです。そして、機能としてGPS機能が搭載されているので、近くの女性とすぐにマッチ出来ることが多いです。他のマッチングアプリとは違い、暇な女性とすぐに会えるといったところです。恋活というよりは友達探しといったところでしょうか。治安は悪いですが…。

(マッチングアプリ大学より引用)

早速、1人の女性とマッチング。気になるお顔の写真は…。

元欅坂の長濱ねるちゃんに激似!! 乃木坂46・欅坂46グループは大好きなので、まさか本人ではないよな! ? と胸を踊らせます。その女性も暇だったみたいなので、早速ドライブへ。僕のドライビングテクニックでハートの隙間に華麗な縦列駐車を決めたいと思います。

さっそく待ち合わせ。お待たせという声が聞こえたので振り向くと…。

えっ…。あの長濱ねるさんに激似な方は何処へ。嘘の様な本当の話です。

しかしながら、人を見た目で判断するのは良くありません。もしかしたら中身が物凄く素敵な方かもしれない。時間もお昼頃だった為、とりあえずご飯を食べにいくことにしました。何を食べたいか質問したところ「お腹空いているから、ガッツリ食べたい」と言われました。そこで向かった先は『びっくりドンキー』ここなら問題はないでしょう。

そして運ばれてきたのは、大量のハンバーグ。僕も比較的、人より食べるのですがその光景は段違い! !  完全に敗北です。その大量のハンバーグを彼女はペロリと平げお会計へ。そこで放たれた言葉が衝撃的で今でも忘れられません。「暇に付き合ってあげているんだし、今日は支払いよろしくね。」と一言残し、先に店を出て行きました。これは、ヤバイ取り引きの船に乗ってしまったと後悔しています。

 

スポッチャにて突撃事件

そんな彼女が、「私、行きたいところがあるの」と言ってきました。怖い、怖すぎる…。凄く高いブランドものでも買わされるのではないかと、怖さで心臓がはち切れそうです。そこで彼女が放った言葉は、スポッチャで身体を動かしたい! !  とのこと。ブランド品ではなく一安心ですが、スポッチャもなかなかの料金です。そんな事も言ってられない為、スポッチャへ。

彼女は凄く笑顔です。良かった…。このまま満足してもらえた所でおサラバしようと考えていたその時、「ローラースケートしようよ! 」と悪魔の囁きが。機嫌を損ねるわけにはいかないので、付き合うことにします。そしたらなんと「ドスドスドス」と音を近付いてきます。おかしいな…。ローラースケートって音で例えるならば、スーッて感じなはずじゃ…。と思い振り向いて見ると、こちらに何か突進してきます。それはまるで、アフリカ東部の広大な大地に生息しているシロサイの様です。スピードに乗り過ぎてしまい止まらなくなったみたいです。咄嗟の判断で手を出しますが当然止められず倒れこみます。右手に痛みが走ったので見てみると多量出血 ! !

実際の画像がありましたが、あまりにもグロッキーな為モザイクをかけさせてもらっています。(食事中や血が苦手な方はご遠慮下さい。)

今見ても痛々しい。結局、この後は特に何もなく彼女を送り届けて1日は終わりましたが、僕の右手と心は大きなダメージを負いました。

 

取り引きは生活で必要なことですが、それが自分にとってマイナスではないか見極めるのも大事なことなのだと今回で凄くいい勉強になりました。最近では、投資で生計を立てている方も少なくないと聞きましたが、こんな状態じゃ僕には向いていないのでしょう。何事も調子に乗らず、甘い話には裏があるという事を学べましたので、僕の大好きなギャンブルでも活かしていこうと思います。おnewでした。

ライターについて

アニメ版権をメインに萌え台が大好物。 国家資格を保有するほどのエリートでもあるが、 今流行りの草食系でもある。 知れば知るほど意外性が見えてくるギャップ萌えタイプ。